新着・重要なお知らせ

日々の改良の成果実る
町改良組合所属牛が十勝総合畜産共進会2部門でトップの成績を収める

 7月21日、第48回十勝総合畜産共進会(主催:十勝農業協同組合連合会)が十勝農協連 アグリアリーナで開催されました。

 和牛の生産が盛んな十勝地区の強豪がひしめく中、第18部(黒毛和種 未経産 8~11.5か月齢未満)において(株)武隈ブリーディングファームの「まき7」号が見事1等首席を獲得しました。また、第27部(黒毛和種 父系群)では間所明暁さんの「さくらるな」号・安田正志さんの「みな」号・安藤誠さんの「さくらもち」号の3名3頭によって出陳した群が1等首席を獲得し、更に群部門の最高位を獲得しました。

 先日の全国和牛能力共進会北海道選抜会に続き、ここでも町和牛改良組合の技術の高さが認められることとなりました。


惜しくも未経産の部最高位には届かなかったものの、
見事1等首席に輝いた(株)武隈BFのまき7号
写真中心が同社代表の武隈英和さん


群最高位を獲得した出品者とその牛
左から7人目から篠島太郎さん
(経営主:安田正志さん)、安藤誠さん、
間所明暁さん

  • 2018採用職員募集中 マイナビ2018
  • アグリサポートセンター
  • 広報誌のご紹介
  • 豊頃町おいしいレシピ集
  • 青年部・女性部
  • JAバンク
  • JA共済
  • みんなのよい食プロジェクト
  • JAグループ北海道
  • 農net 日本農業新聞
  • JAネットマイカーローン
  • じゃがい問題研究所
  • じゃがい問題研究所