JA豊頃町の概要

 当JAは、昭和23年3月に豊頃町農業協同組合として設立、昭和30年に大津農協を分割合併、更に昭和53年に豊頃町開拓農協と合併して豊頃町内一円を区域として事業展開をしています。地域農業を振興して「食」、「緑」、「水」を守ることを第一として様々な活動を通じて地域に貢献しています。豊頃の大地に根をはって、常に安心・安全な農畜産物をお届けするのはもちろんのこと、満足していただける食をお届けしようと努力しています。

農協概要

  • 代表理事組合長 山口良一
    代表理事組合長 山口良一

  • 本部事務所

概要

名称 豊頃町農業協同組合
本部事務所 〒089-5235
北海道中川郡豊頃町中央若葉町12番地
Tel015-574-2101 Fax015-574-3688
代表理事組合長 山口良一
組合員数 組合員578名(うち准組合員327名)
役員数 常勤理事3名
非常勤理事6名 監事3名
職員数 94名 正職員:75名、準職員:19名

組織図

ディスクロージャー

農協の歩み

昭和23年 農協発足、初代組合長・田中茂就任
昭和30年 大津村農協分割合併
昭和35年 家畜センター新築、仏国より種牡馬輸入
昭和38年 合理化澱粉工場新築(20万俵処理工場)
昭和46年 豆類調整工場の新築
昭和47年 農業修理工場、ホクレン豊頃中央給油所新築
昭和50年 北星大豆採種組合天皇杯受賞
昭和53年 農・開協合併(十農務第65号指令)
農協事務所・農協会館新築、農協創立30周年記念式典
昭和63年 大根共同選別場新築・銘柄「十勝だいこん」
平成3年 生乳量3万トン突破記念式典
にんじん選別場新築・銘柄「十勝にんじん」
平成10年 農協創立50周年記念式典
豊頃町・滑川市両農協青年部の友好姉妹提携20周年記念
平成12年 合理化澱粉工場廃業、東工連に加入
JAアルプスと友好提携調印
平成20年 青年部創立50周年記念式典
平成23年 取扱高100億円突破
平成29年 取扱高過去最高127億円突破

豊頃の農業

平成29年度実績
乳用牛 11,585頭
出荷乳量 66,061t
黒毛和種 1,642頭
平成29年度実績
小麦 1,210ha
豆類 1,628ha
馬鈴薯 938ha
甜菜 628ha
野菜他 181ha
耕種計 4,613ha
デントコーン 3,662ha
採草放牧 1,375ha
畜産計 5,037ha
総計 9,650ha

 豊頃町は、北海道十勝地方の東南端に位置する農業と漁業を主幹産業とする人口約3,400人の町です。気候は内陸部の平均気温が、夏は約20℃前後で比較的高温となり、冬はマイナス10℃前後の低温で乾燥した日が続く大陸性気候です。

 豊頃町の農業は、十勝川の支流沿いに広がる肥沃な土地で営まれています。畑作と酪農が主体で農地面積に占める割合はほぼ同率です。畑作は寒冷地作物の馬鈴薯・甜菜・小麦・豆類を中心に輪作が行われ、畜産は搾乳が中心ですが、肉牛の生産と有機質の活用を目指した黒毛和種の導入もされています。

  • 2018採用職員募集中 マイナビ2018
  • アグリサポートセンター
  • 広報誌のご紹介
  • 豊頃町おいしいレシピ集
  • 青年部・女性部
  • JAバンク
  • JA共済
  • みんなのよい食プロジェクト
  • JAグループ北海道
  • 農net 日本農業新聞
  • JAネットマイカーローン
  • じゃがい問題研究所
  • じゃがい問題研究所